Rescue119って何者?

自己紹介です。

恥ずかしいから密かにオープン^^; こんな所、見る人いるのかな?

名前 秘密...。
ハンドルネーム Rescue119
生年月日 1975年生まれ。現在、花?の20代
性別
居住地 神奈川県相模原市(生まれも育ちも相模原です)
趣味 消防署巡り、写真(95%が消防車の写真ですが...。)、オーディオ、アマチュア無線、携帯電話端末集め、ドライブ、キャンプ、スキー、などなど
特技 値引き交渉、本人の意思とは無関係に物を壊す事
MY CAR TOYOTA LAND CRUISER KG-HZJ76V 俗に言うランクル70のセミロングです。欲しくて欲しくてやっとお金をためて買いました。4,200Lのトルクフルな1HZエンジンに満足してます。今度はこっちのホームページも作りたいなぁ。
MY CAMERA ボディ:Nikon F5 、Nikon F4S、NikonF100 レンズ:AF ZOOM Nikkor35-70F2.8D、AF Zoom Nikkor 24〜85mm F2.8〜4D(IF)、SIGMA APO 70-200F2.8EX HSM
ストロボ:Nikon SB-28 デジタルカメラ:Konica KD-500Z
MY PC 自作PC(PentiumV550MHz) スキャナ:EPSON FS-1200WINS プリンタ:EPSPN PM-800C モバイル用:SONY CLIE PEG-S500C
野望(無謀ともいう) 自費出版でもいいから消防車の本を出版する事。
私の視点 消防車好きと言っても、いろいろな人がいますが、私の場合は装備に関心があります。消防署を訪れて、車両を見せていただいた時も、大まかにだけではなく、架装方法や装備品や器材の配置等、細かい所も見ています。製作時に知恵を絞って使いやすいように工夫された車両や、職員の方々が手作りで工夫されている車両もあり、そういった車両に出会えた時はとても幸せです。いろいろな消防署を見てまわっていると、「他で見た車両でいい車両あった?」などと聞かれる事もあります。

 私は小さいころから消防が好きで、趣味で各地の消防車の写真を撮り歩いています。(三度の飯よりも好きです)どんなに型が古くても消防車は署員の皆さんにいつもピカピカに磨き上げられていて、大切にされています。そして、どれも同じように見えても、消防車は1台、1台オーダーメイドなので、使用目的や地域特性などに応じて異なっています。私はそんな所に魅力を感じています。鉄道とか飛行機とかっていう趣味は世間に認められていますが、「消防車が好き」なんて言っても「変な趣味」なんて友達に言われています^^;。もっとも趣味人口が少ないのでしょうが...。本などを探しても、子供向けの「しょうぼうしゃ」みたいなのはあっても、大人向けの本はほとんどありません(T_T)。子供の頃はみんな消防車が好きだったのに、いつ頃から興味が無くなってしまうのだろう?なんて思っています。私は皆さんが乗用車が好きなのと同じ感覚で消防車が好きです。(もちろん、乗用車も好きですが)皆さんがこのホームページを見て、少しでも消防車ファンが増えてくれればと願っています。

今、凝っている事は、もうじき無くなるであろうボンネットの消防車などを探す事です。大型トラックのボンネットが生産中止になったのは今から約20年前です。更新の早い署のポンプ車などはほとんど見かけませんが、高価な梯子車やスノーケル車などの特殊車や消防団のポンプ車がそろそろ更新の時期に来ています。NOx規制の関係や補修部品の関係で数年以内には絶滅してしまうのではないでしょうか?ボンネット型ではなくても昔のトラックは今のトラックと比べて、重厚感があり、丈夫です。艤装部分を含め、今ほど電気仕掛けではないので大きなトラブルも少ないです。「ボンネット見たけりゃ消防博物館にあるじゃん」という方もいますが、あれじゃ駄目なんです!やっぱり消防車は消防署にないと。第一線は退いても、車庫の片隅で多少傷やへこみがあっても、きれいに磨き上げられて、いつ来るかわからない出番を待っている消防車がいいんです。時間と金の余裕があったら「日本全国ボンネット消防車の旅」でもしたいんですけどね。

−お願い−

今、現役または動態保存のボンネット型の消防車(いすゞTx、TND、日野THなど)を探しています。「それならうちの消防署にあるよ。」とか、「あそこで見た」などの情報をお寄せください。m(__)m

Rescue119 Home page ©Takeshi Hosoda